カスタム検索

2013年08月27日

服の収納〜テクニックと対策〜


特に散らかりやすいのが「服」です

という事で服が散らかりにくい収納〜テクニックと対策〜を紹介します

せっかく部屋をきれいに着飾っても服が散乱していたら台無しですね


まずTシャツの収納の仕方

一般的例 ※クリックで拡大
photo (4).jpg

Tシャツを箱の高さに合わせてたたみ縦にいれる

このように収納している方けっこういます

メリットは
1.たくさん入る
2.見た目が綺麗
3.ロングTシャツにも対応しやすい、など・・・

しかし!こんな経験はありませんか?

すぐグチャグチャになる、続ない・・・・

私もはっきり言って続きませんでした、

なので、こちらのやり方を紹介します
※クリックで拡大
photo (5).jpg

箱の高さに合わせてクルクルに巻き縦に入れる

メリット
1.グチャグチャになりにくい
2.見た目も綺麗
3.収納しやすい

このように入れる事によって型崩れしにくく

グチャグチャになりにくいです

やってみたらわかります。


さて!ここからは私オリジナルです(自称)!!

それを維持する対策です

実際Tシャツは年中使いますよね?

毎日綺麗にたたんで収納するこの作業ができるなら苦労しません。

極論からいうと綺麗に収納したタンスの引き出しを開けないことです!

・・・まぁそれは無理なので、

このような箱を準備してください、何でも結構です!
※クリックで拡大
photo (6).jpg

開けたらこんな感じ! ※クリックで拡大
photo (7).jpg



これにはヘビーローテーションで使う服を入れます

例えば仕事で使うTシャツ、寝間着など頻繁に着るものです

箱は収納場所の横におくとよい


こうすることにより、引き出しをあける回数を減らし

おのずと綺麗に収納されている時間を維持させるテクニックです

綺麗に維持しているという実感が大切!!

ぜひ取り入れてみましょう。


※注)入れすぎないように(笑
カスタム検索
posted by サネ at 22:10 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。